• トップ /
  • 糖質制限を伴うダイエット方法
バックナンバー

糖質オフダイエットの方法

糖質制限を伴うダイエット方法

ダイエットの正しい方法とは

ダイエットの正しい方法は、食事制限・有酸素運動・筋力トレーニングの3つを並行して行なうことです。ところで今日では糖質制限がブームになっていて、飲み物を含む食品でも糖質制限とうたった商品が多数存在します。糖質とは炭水化物のことと理解され、ダイエットにおいてはこれをいかに遠ざけるかというのがテーマになっていますが、かなりの誤解もあるようです。たとえば糖質オフのつもりで食事の際にご飯(つまり米のこと)を抜いてしまうという人がいます。これは確かに理にかなってはいるのですが、不溶性食物繊維を断つことで便秘体質になってしまうことがあり、かえってダイエットとは逆行する方法です。タンパク質が身体は作り上げるのに必要な栄養素であり、炭水化物はエネルギー、脂肪は体温保持と骨格や内臓を保護するという大切な栄養素です。したがって適切量を必ず摂取しなければなりません。それではダイエットにおける食事制限では、糖質制限をどのように考えればよいのでしょうか。それにはまず理想体重を知ることが必要です。これがわかればタンパク質・炭水化物・脂肪をどれだけ摂取すれば良いかがすぐに計算できます。まず理想体重が60kgの人の場合は、60×2=120gが一日の摂取量です。炭水化物はその2倍、120×2=240gです。ダイエット方法とは、このように精神論で行なうものではなく、論理的な方法でアプローチする必要があります。その上で有酸素運動で脂肪燃焼をし、筋力トレーニングで筋肉を増強して基礎代謝向上を図り、太りにくい体質造りに努めます。

↑PAGE TOP